忍者ブログ
癌で一度、事故一度。あの世を2回のぞいた母の夢実現プロジェクト
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
2019/09/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/09/11 (Tue)
f8ddc0db.JPG       
今日の記事は谷川俊太郎さんについて、ではなくて、 これは『新風舎だより』と言って多分新風舎から出版した人のみ投稿出来て、また頂ける雑誌だと思う のですが・・・・・(すみません、そういやその辺り伺ったと思いますが忘れてしまいました。)
今日はこれに投稿したらまた載ってしまったよ!という話です。
 
私はご承知の通り余りにもとんでもないガンになってしまって、死にそうなくせにその時書いていた日記が自分でもビックリするほどハイテンションな日記だったことに今更ながら驚き、本にしてしまったのが 『リライフへの道』ですが、この雑誌を見ていると、皆さんが私のように本にしたいと思われたいろいろな体験、表現、主張・・・ともかく無限大の思いがあふれていて、「やっぱり人間て素晴らしいなぁ~~」と 改めて感動してしまいます!

相変わらず写真が鮮明でないので私が投稿した文が見えないと思います ので、文だけ書きますね。

ec6549d8.JPG見えないのを承知の上で一応写真も・・・。

『 3月2日銀座で出版記念パーティーをしました。主治医・友人・家族等86名が出席し、いろいろな楽器 演奏やオークション、私も自分で作詞・作曲した「リライフ」(本の付録に詞のみ記載)という曲を歌うなど 、食べて飲んでアッという間の2時間でした。皆さんとても楽しかったと言ってくださり、当日のオークションと会費の中から「がん研究会」に寄付することもできて、とても嬉しかったです。』





--------------------------------
載った証拠くらいにはなるけど全然読めない。
ケイタイの限界か・・・。

例のアフラック応募については、何度もいいますがネット上での公開は9月15日からです。
公開URL→http://www.aflac-ikiru-kotsu.com   

ついでにランキング↓も参加してます。こちらもどうぞよろしく
にほんブログ村 本ブログへ
PR
2007/09/06 (Thu)
8月16日22日のブログに書きましたアフラック「がんと生きるコツ」に応募した話ですが、昨日「アフラックのウェブサイトにて貴方様の応募作品をご紹介させて頂くこととなりましたので、ご案内致します」というお手紙が来ました。

ただ私のように開き直り過ぎて本まで出しちゃったような「元ガン」には有難いような有難くないような・・・・・
在住都道府県・年齢・性別は掲載させていただきますが、お名前は公表いたしませんと書いてあります。内容も原稿用紙1枚400字書きましたが、現在掲載されているサイトの文を見るととてもそんな長い文は載らないと思いますし、事務局の判断で修正をさせて頂く可能性がありますとお手紙にも書いてありますから、私の文のどの辺りが載るのかも全然わかりません。

でも東京都・55才・女性で鼻ガンとあれば、このブログを読んで下さっている方や知り合いの方は、内容からすぐ私だとわかってもらえると思います。
そして9月15日から文が掲載された後、私の応募した全文も皆様に読んで頂こうと思っています。
URL→http://www.aflac-ikiru-kotsu.com  

では、9月15日になりましたらお暇な折り ちょっと開けて見て下さい! 

注)9/15以前はクリックしてもページが開きませんのでご注意ください。
娘から一言:母は何度もチャレンジしたけどページが見れないと言っていましたが、9月15日からです。
くれぐれもお間違えのないように!
にほんブログ村 本ブログへ
ランキング参加してます
2007/09/04 (Tue)
先日の重要井戸端会議ではもう一つ、うんと盛り上がった話題があります。本のP.53の7行目~10
行目までに書かれている話です。取り合えず「体外離脱」とやらで自由になった私は、どこの山の上に
行ってるのかまったくわかりませんが、今でも思い出せばすぐそのシーンが浮かびます。あの時の山の
大きさから考えれば、本当にとてつもない巨人だと思いますね!でもその時はメッチャ素敵な芸術的な映像を、真っ暗な山の上で本にも書いていますが恐怖心もなく、一人静かに凝視している感覚でした。 

そして退院し1年ちょっと経った1997年の夏、娘と宮崎駿の『もののけ姫』を観に行きました。
その画面の中に現れた闇にうごめく巨大な人のような姿・・・・・「ありゃ~~何か見たような~~~
あれはデイタラボッチって言うの!?!?」 
離脱中私はどっかの山でこの方に会ってしまったのかもしれない
と、それから心のどこかでずーーーーーっと思っています。 

『もののけ姫』に登場する「シシ神」は生死を司る神秘の自然で、その夜の姿がデイタラボッチ。
生死の授与と奪取を行い、新月に生まれ、月の満ち欠けと共に生と死を繰り返すそうです。
そうだとしたらやっぱり、1996年1月26日に出会ったシシ神様の夜の姿デイタラボッチは、私に生命の奪取ではなく授与をしに来てくれたのだと思うしかない!だから私は少しも恐くなかったんだ!って
素晴らしく納得してしまいましたねぇ~。 

勿論宮崎駿先生にお目にかかったことはありませんが、もしスタジオ・ジブリにお知り合いの方でもいらしたら、実際にデイタラボッチに出会って生命をもらったおばさんがいるって話してみて下さいな!
な~んてね・・・・・そんなことある訳ないじゃないですか!!!!!?? 

にほんブログ村 本ブログへ
ランキング参加しています。クリックお願いいたします
2007/08/28 (Tue)
毎日暑い日が続きますね。
今日から涼しい・・・なんて言ったの誰!?
結局暑い一日でしたが・・・今日の記事はそんな暑さを吹き飛ばすような話です。

注)母からもらった原稿そのまんまです。


先日友達3人と某喫茶店で重要井戸端会議中、一人が「こないだ変な夢見ちゃってねぇ~」と言い出した。彼女が言うに、自分はすっかり横になって寝そべっているのに、忙しそうに出かける支度をして何着てこうかなんて迷ってるらしき自分の姿を見てるんだって・・・・・。「ハッ!」と目が覚めて「何だ今のは・・・」と思いつつずっと気持ち悪かったそうだ。

そこで私の本P52~54の話が出たのだけれど、そこに書かれている光景は10年経った今でも写真のようにハッキリと私の脳裏に残っている。
何たってこの時の私の体はICUで沢山の管に繋がれ完璧熟睡中、ピクリとも動かない状態・・・。
しか~~し!その間の私の記憶は、物凄く沢山の人に出会い、山の上にも濁流の滝にも夜も昼も世界中駆け巡り、かと思えばベットに寝ている自分の姿もちゃんと見てたし・・・。
 
その日は「不思議不思議!!」と散々盛り上がりお開きになったんだけど、後日ネットで調べてみたらほぼ完璧「これだ!」って言う言葉を見つけました。

『体外離脱』 
この現象は危険に遭遇した時や、臨死体験をしている最中(正に私はこれだ!)、~~また普通の睡眠中に起きる人もいる(友達はこれだ!)国籍・文化圏にかかわらず、10人に1人程度は生涯に1度位体験しているとも言われている。
そしてこの『体外離脱』の一つの典型としては、自分が肉体の外に「浮かんでいる」という体験があり、また自分の物理的な肉体を外から見る体験もある。 と書いてあります! 

ネッ!フリー百科事典《Wikipedia》で見つけたんだけど、正にそのまんまでしょ!!

2002年9月19日の雑誌「ネイチャー」に神経科医師オルフ・ブランケが脳の「右角状回」を電気刺激したら『体外離脱』体験が起きたので、脳の機能によるものだという仮設論文を掲載しているそうだ。瞬間に世界を駆け巡り見た事もないものに出会えるなんて実に素晴らしいけど、また臨死体験から離脱体験するというパターンは絶対ご遠慮したいから、友達のように普通に寝てる間にっていうのがいいよねぇ~!
でもこないだの話から考えると、せっかく『体外離脱』したのに動ける範囲が超狭くて世界規模で動けそうもないし・・・。何事もやはり楽して得(!?)しようってのはダメだって事かな??
---------------------------

という話でした。
自分の寝てる姿を見下ろした、なんて話も聞いたことありますが(@テレビ)そういえば身内に体験者がいたんだっけ。母の場合は自分を見てはいないけど、実に楽しそうに本には書いてありますので、気になる方はチェックです。
母の本=『メッチャ明るいガン闘病記 リライフへの道』(ムーラン著)

>また臨死体験から離脱体験するというパターンは絶対ご遠慮したいから、友達のように普通に寝てる間にっていうのがいいよねぇ~!

どっちがいいとか悪いとか以前の問題では・・・
離脱も大概にしてください。

にほんブログ村 本ブログへ
 ランキング参加しています。クリックお願い致します

今日の記事の何が暑さを吹き飛ばすかわからないって?
そりゃ私の最後のギャグですよ・・・
2007/08/22 (Wed)
先日のアフラック卵の続編です。

今日は作品応募とリライフの関係を。
実は、母方の家系は血統書付きのがん系統で、亡くなった方はほぼ皆様ガンです
だからあなたも気をつけなさいと祖母に言われ、私の母(ムーラン)は40才になったのを契機にこのアフラックのがん保険に入ってみたそうです。
何しろ祖母の父が胃、兄二人が肺とすい臓、姉が大腸・・・でも祖母は79才の今まで一度も癌にはなっていません。素晴らしいっ
癌のできた場所が皆さん違うので、「誰とも(患部が)被らないようにした」なんて母は言ってましたが、何もこんな超珍しい鼻中隔なんてところのガンにならなくても良かったのにねぇ。 

ええと、癌保険のことは母の本『メッチャ明るいガン闘病記 リライフへの道』のP99に出てきますが、母が40才で保険に入ったという事はいわゆる虫の知らせってやつでしょうか・・・。

母は「当時を振り返って自慢できることと言ったら、絶対がんに負けなかったことと、しっかりがん保険に入っていたこと!」と今でも言っています。

それにしても父母の祖父は二人とも脳溢血でしたし、がん系と脳溢血系を両方貰ってしまった私の未来は・・・
か、考えるのやーめよっ
にほんブログ村 本ブログへ
ランキング参加しています。ガン予防にクリックが効きます(大嘘)
カウンター
プロフィール
HN:
レイナrelife
年齢:
40
性別:
女性
誕生日:
1979/03/31
職業:
たぶん会社員
趣味:
寝ること
自己紹介:
ここは、母の願いを叶えるための活動をブログを通して様々な人に知ってもらおうと実の娘が書いているリライフブログです。

病気になっても尚明るく生きることの大切さなど、訴えていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
このブログのトップページはコチラです
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新CM
[10/22 ムーラン]
[10/19 シルク]
[09/06 シルク]
[08/29 レイナ]
[08/28 ムーラン]
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ [PR]
♥ sozai : ふわふわ。り Night on the Planet ♥ Template by hanamaru.